HTTPS非対応サイトの警告表示が開始

BLOG

 


HTTPS非対応サイトの警告表示が開始

Googleの公式アナウンスで、
Chrome 68(2018年7月リリース)から、すべてのHTTPS非対応サイトで「保護されていません」という表示がされています。

使用しているサーバーによっては無料で常時SSL対応(https://)する機能があるものもありますので、そちらへ切替することを推奨しております。